2016/01/31

トリニダード旅 20日目 【Enjoy myself】

今日はランチのお誘いがあり

早めに起きてダウンタウンへ

Desperadoesのパンヤードで待ち合わせ

セミファイナルの時に久しぶりに会ったけど

ゆっくり話せなかったゆうきちゃんとバッタリ!

トリニダードに居ても

みんな自分のバンドの練習があったり

会いたい人がたくさん居て

なかなか会えないものなのだ

だからこの再会は嬉しかった




そしてランチは同じDesperadoesのみかちゃんと

トリニダードで初めて会ったあさみちゃんと一緒に

トリニダードに来て嬉しいことの一つは

こうやって日本人、トリニダディアンに関わらず

友達が増えること





el pecos grillという

好きなものをモリモリと

好きなだけ盛って最後に重さを計って

値段が決まるというお店へ

バナナのフライ
フェスティブライス
ピラウライス
なんとかライス(名前忘れた)
コーンパイ
カラルー
野菜炒めみたいなやつ
フレッシュサラダ
グリルドラム
グリルドピッグテイル
ホットピクルス
パッションフルーツジュース

特にラム肉のグリルが絶品でした




だいたいこれで75TT$(約¥1350)

いつもの昼ごはんの倍ぐらいの値段

いわゆる取りすぎってやつです

バイキング形式のお店に行くと

貧乏性の性格が出て

一皿目から汚く盛りまくってしまいます

バイキング下手です

その性分と食い気がもろに出た結果です

でもどの料理も美味しくて

みんなでワキャワキャ食べて楽しかった♪♪

こういう時間大事だなぁ〜




あさみちゃんを送るべく

お初のSTARLIFTのパンヤードへ

ここのパンヤードは風が通って気持ちが良い♪♪



我々Desperadoesには無い

7baseがあったりして

バンドの色や雰囲気が出ていて面白い





モールを何軒かハシゴして

お土産物を見たりいろいろとショッピング

マーケットで買ったchoc nutという飲み物が

文字通りチョコレートとピーナッツバターを

合わせたような味で

かなり美味しかった!!

これは日本に持って帰りたい





夜はホームのDesperadoesのパンヤードへ

主要メンバーがカーニバルで演奏するボンブチューンの

アレンジをしていた




最近練習内容が濃くなっている分

疲労度も高く

ある程度練習すると

「休憩させろ」とか「何分やらせるねん」とか

文句が飛び交う

これは日本人に無いところやなぁ




今日はまかないが出た

ソルトフィッシュのサンド

中身は魚のほぐし身と

玉ねぎ、トマト、パプリカのみじん切りを

味付けしたようなもの

これまた絶品!

練習の疲れもありペロリでした♪♪

明日はfamily day!!!!

2016/01/30

トリニダード旅 19日目【Oh my gosh!!!】

練習の激しさからか眠りが浅い

二度寝したいけど

スッと二度寝には至らず

朝はダラダラして体力の回復に努める

曲がC#マイナーからFマイナーそしてCマイナーに転調するので

左腕への負担も大きくて悲鳴を上げている






無事楽器、ケース、箱はゲットしたので

今日は日本へ送る最後のミッション

箱がギターパン用の物しかなく

隙間が空いてしまうので

部屋で内職

箱をジャストサイズにカットし

旅中着なさそうな服をクッション代わりに入れ

無事梱包

この際ドラッグを送っていないか確認されるので

完全に梱包せずに口は開けておく






そしてTTPOST(郵便局)へ

トリニダードの集荷場がいくらfrgileと表記しても

ゴミの山のように荷物を積み上げられるらしく

空港近くのTTPOSTの方が

直接空港へ荷物が行くから少しは安心ということで

ピアルコ国際空港近くのTTPOSTへ

日本へ送りたい旨を伝えると書類を渡される

一個口につき3枚

計6枚の書類に同じような

名前、住所、電話番号、サイン、日付を書く

アナログな作業は地味に疲れる…

その場でチェックしてもらい箱の口をテープで閉じ

重さを計測し支払い

お金も支払ったところでIDを求められた




あれ?

パスポート家に置いてきた…

いや大丈夫

こういう時の為にパスポート番号を

携帯に控えてます

あれ?

メモったのに消えてる…

しもたー。。

いろいろ知恵を絞るもないものはない





すると帰ってパスポートを確認して

電話でIDだけ伝えてくれたらいいよ

というので電話番号と

エクステンションナンバー(内線の番号)を聞き

家へと急ぐ

TTPOSTを出たのが14時

営業時間は16時まで

家までは約25km

途中Traffic jamに巻き込まれながら

家に着いたのが15時15分

パスポートを調べ電話をかける

わかっていたことやけど

英語のスキルが低い僕にとって

電話はかなり難易度が高い…




緊張しながらcall

音声ガイダンスが流れた

始めここで聞いてたエクステンションナンバーを押したら

変な方向へガイダンスが進み失敗…

もう一度かけ直し

オペレーターという単語が聞こえたので

ひとまずオペレーターに繋がる4をプッシュ

オペレーターが出た

オペ「○×%7°#¥$€1☆5々〒々=|<+%=¥4....May I help you?」

僕「あ…あの…今日空港近くのTTPOSTに行きました…荷物を日本に送りたいです…IDを忘れました…IDを教えます…」

的なことを拙い英語で伝えたが

いざ日本語に訳してみるとちんぷんかんぷんだなこりゃ

オペ「○♪☆¥+〒(:[^|<>=%#°2$€→☆ customer center @&/#?!!¥€°%☆…」

なんかわからんけど

「カスタマーセンターにお繋ぎします」

って言ったなと認識

電話の呼び出し音に切り替わる

プルルルル プルルルル プルルルル…

ガチャ

ツーツーツー…

え?

電話切れた??

マジで?

あともうちょっとっぽかったのに!

結局わけわからんくて切られたんかな…

と思いつつも再度挑戦

あれ?

電話通じない…

営業時間終わっちゃったんかな?





いや違うぞ

あ…

もしかして…

プリペイド携帯のチャージ切れてる…

運悪すぎ

このタイミングで切れますか!!!

部屋で1人のツッコミむなしく

16時を回りTHE END…

楽器預けてしもた上に

明日明後日は土日でTTPOSTはお休み

大事な楽器のことを考えると気が気じゃない

でも仕方ない…

ひとまず切り替えてトラブルも楽しもう

そして月曜朝一でTTPOSTへ行こう






癒しを求めてパンヤードへ

今日の苦労を誰かに聞いてもらいたかった

道中買ったチキンロティを食べながら

メンバーとライミング




今日も練習はきつかったけど

ウーシェラさんが僕を孫のように思ってくれているのか

Hi.baby♪ Are you hungry??

とボイルドコーンをくれた




ダブルセカンドのリオさんは

哲学みたいな話をしてくれた

Desperadoesはみんな1人1人が

自分の楽器を演奏して一つの曲を作る

あなたもその1人

そしてあなたが楽しんでくれたら

僕も楽しい




TTPOST事件で凹んでたので

余計にみんなの優しさが沁みました

心から感謝




今日はショックであまり写真撮ってなかった…

奇跡の双子2組4人が兄弟という方に遭遇


2016/01/29

トリニダード旅 18日目【Go to the market】

今日はあるミッションのために

夕方にパンヤードに呼び出されていた

昼間にダウンタウンへ向かうと

高確率でトリニダード名物Traffic Jamに遭遇する
夜ならパンヤードまで15分あれば到着するのに

軽く1時間はかかった…




約束の時間より早く着いたので

STAGを呑みながらパンヤードで過ごす

Desperadoesのパンヤードは居心地が良い

約束していたラビさんが約束の時間に来ない

はいはいわかってます

トリニタイムです

想定内です

のんびり待ちます

30分ほど遅れてラビさん登場

一緒にロングサーキュラーモールのマーケットへ
今回のミッションというのは

週末にパンヤードで

各セクションの代表が料理を作る

コンペティションが開催されるらしく

そのテナーセクション代表に

選ばれたのでそれの買い出しへ

YOU料理作れるならやっちゃいなよ的な

軽いノリでしたが超不安です

でもトリニダードに来て

何かをやるチャンスがあるなら

答えはYESしかない

go for brokeの精神で!




日本食を作るという案もあったけど

トリニダディアンの口に合わないと嫌なので

得意なカレーに決めました
マーケットでワイワイ買い物するのが

とにかく楽しい♪♪

いろいろ日本でいつも使ってる食材がなかったけど

代替え品を考えるのも楽しかった




買い物を済ませパンヤードに戻り

いつもの練習

来週末にはファイナルということで

やたらと人が増えてきた

楽器がない者

ラックに楽器をかける場所がない者など

人があぶれる状態になり争奪戦の様子

特にテナーとギターの場所取り争いは

少しピリピリ感すら感じます




練習の合間パンヤードの前に

コーンスープの屋台が出ていたので食べてみた

芋類が溶け出しているのか

食感はポタージュ

甘くないバナナとゴロゴロのコーンが

具材として入っていて

トリニダード料理では定番のシャドベニの香りが

美味しさを引き立てていた

晩御飯はこれでお腹いっぱい♪♪

日本に帰ってもこういうの作りたいなぁ

いろいろトリニダード料理のレシピが欲しい…

トリニダード旅 17日目【challenge】

トリニダードの旅も折り返し

この国では

言葉の壁はあるものの

出来ないことはない

チャレンジしてみればなんなりと出来る

もちろん嫌な思いをすることもあるけど

人の優しさに触れてチャレンジして良かった=3

と思うことがほとんど




今日のチャレンジは

先日購入したスティールパンを

日本へ送るため梱包用の箱を購入するというもの





一路El socorroという町へ

事前に聞いていた住所はあったものの

こちらの住所はストリート名と番地のみ

地図上では到着しているつもりが

微妙にわからず目的地が見つけられない…

近くを通る人に拙い英語で聞きまくる

「この道を真っ直ぐ行って二つ目の角を左折、次の角を右に曲がったところだよ」

その先でも見つからず人に聞く

「そこのお店でタダでもらえるんじゃない?」

そのお店では

「スティールパンが入るような大きな箱はないわ」

とたらい回し状態…

泣く泣くたまたま近くにあった

スティールパンケース屋さんの

Sarahの元を訪ねた

すぐに僕の想いを理解してくれて

僕のiPhoneの地図を見て

説明しようとしてくれるけど

地図上ではわからないみたいで

「OK.follow me」

と車で先導してくれた

本当にSarahは優しい

それでようやく到着した箱屋さん

Johnson marketing limited

お店にはいろんなサイズの箱や袋が並んでいる


さすがスティールパンの国

スティールパン専用のサイズの箱がある

細かい箱屋さんとの交渉はSarahが助けてくれた

本当にSarahは優しい

無事箱をゲットし帰ろうと思ったらSarahが

「帰る方向はどっち?ポートオブスペイン?」

と聞くので頷くと

ハイウェイの入り口まで案内してくれた

本当にSarahは優しい

本当に感謝してもしきれない

何回も何回も「Thank you」を連呼した


 


ポートオブスペインに戻り

少しダウンタウンを買い物しながら散策し

遅めのお昼ご飯

今日はトリニダードに来てから初の

中華にチャレンジ!

シンガポールヌードル
ペッパーチキン
チョウミン

中華と言いつつ

想像する中華の味じゃなかったりするけど

これはこれで美味い





パンヤードに戻りSTAGを呑みながらライミング

やびちゃんがくれた

マンゴーチョウ
クマー
バナナチップス

どれもこれも美味しかった!



夜の練習は日増しにきつくなってきた

思いの外メンバーが練習中にすぐ

抜け出して休憩したりするので

意地でも休むもんかと頑張って練習した





昨日タッシュさんにもらった

スティックラバーが

なかなか好みの音が出て大満足

2016/01/27

トリニダード旅 16日目【ONE LOVE】

結局昨夜は朝4時ごろの帰宅となり

OFFを満喫しすぎてしまい

体が休まらないOFFの代償を

今日支払うべく昼間は

寝たり

お風呂入ったり

ご飯食べたり

昼寝したり

近所のショッピングモールをブラブラしたり

あっという間に夜の練習の時間




昨夜サボったミーティングでは

けっこう真面目な熱い話になっていたようで

ここ数年では最上位の

セミファイナル3位ということで

遠のいていた優勝も狙える!

と意気込んでいるようでした

「時間通りにちゃんと来よう」

「練習の合間に音出して進行の妨げになるのはやめよう」

「練習中はビール控えよう」

みたいな当たり前のことを話したとか

話してないとか…





そのミーティングが影響してか

練習も予定時刻の

19時にこそ始まらなかったけど

20時過ぎには始まり

トリニタイム全開のトリニダディアンにしては

上々の滑り出し

練習中の無駄な音出しによる

進行の妨げも減り

内容も細かい注意点を意識した

反復練習になっていた

少し3位という結果に

優勝も意識し始めたのかな?と思った

濃い練習は集中していると

あっという間に時間が経つ




練習後

ドレッドビアードのタッシュさんに

スティックに巻くゴムが欲しい旨を伝えた

「ちょっと待ってろ」

とカバンの中をゴソゴソ

大量のゴムの束から

いくつか手渡してくれた

「これはいくらで売ってくれるの?」

と聞いたらタッシュさんは

「プレゼントだよ」

と言ってくれた

「え?いいの?マジで!?」

と嬉しそうに聞くと

「My friendにはプレゼントするんだよ。One love」

ってスティックのゴムより

嬉しい言葉をくれた

ありがとうタッシュさん

トリニダード旅 15日目【off】

セミファイナルの興奮から一夜明け

通常の平日を取り戻したような町

体には心地よい疲労感が残っている



セミファイナル前に日本から到着した

みかちゃんの練習に付き合う約束をしていたので

午後からパンヤードへ

既に午前中からアンドレが付きっ切りで

みかちゃんの練習に付き合っていた

アンドレは本当に優しい

パンヤードには

とても気持ち良い風が吹いていたので

アンドレに任せてボートの上で昼寝


練習したり

ビール飲んだり

昼寝したり

お話ししたり

ゆったりした時間が流れる

気がつけば日が暮れていた




突然の嬉しいお食事のお誘い

今日は練習はなくミーティングだけみたいだったので

抜けさせてもらってお食事へ

日本でも行かないようなドレスコードがある

お高めのイタリアンレストラン

ドレスコードがあるにも関わらず

サンダル、短パン、タンクトップ

という出で立ちだった僕は

着替えに戻る時間も無さそうだったので

同席するあさちゃんに無理を言って服を借りた

この規格外の体に合う服を持ってるか

心配しながら着てみたら入った!

白黒ボーダーなんて普段着たことないから新鮮!

あさちゃんに感謝!

食事はどれもこれも美味しかった

前菜とピザだけでお腹パンパカパン

パスタまで辿り着けなかった




その後もAriapita avenue

通常アベニューで呑もうということになり

BARをハシゴ

トリニダードに来てから毎日

楽器とバンドと向き合う日々だったので

リラックスできたoffとなりました




そついえば服を貸してくれたあさちゃん

僕に負けず劣らずええふくらはぎの

持ち主でした!

2016/01/25

トリニダード旅 14日目【semi final】

セミファイナル当日

13時にパンヤードに集合とのことで

時間通りに来た

予想していたけど人はまばら

最近はそういう時の

過ごし方も心得てきた



日曜のダウンタウンを散策

ほとんどのお店は閉まっている

空いているのは少しの露天と

ファストフードのお店ぐらい

暑かったので無性にアイスが食べたくなって

露天のアイス屋さんへ

ココナッツ味とクッキー&クリームの2種

食べてみたら

クッキー&クリームのクリームが

バニラではなくバナナ味でした

これはこれで美味しい♪♪



お弁当代わりに

ハンバーガーを購入しヤードへ







結局練習が始まったのは17時ごろ?

4時間待ってもイライラしなくなったのは

トリニダードに適応してきている証拠かしら?




全体の練習は結局は長くはやらず

すぐにセミファイナルの会場

サバンナへ向かう準備が始まった



12ベースなど大きなラックはトラックに乗せ
他のラックは

公道を人力で押して行く

会場は完全にお祭りムードで

否が応でもテンションが上がる

会場近くの道でラックを入れる順番に

整理して並べて

ここでも練習

僕の楽器が行方不明になり

せっかく見つけた楽器を

「これ俺のやから」

と取り上げられること2回

なんとか必死に探して見つけた

各々の楽器の管理や立ち位置の適当さに

少しイライラしたけど

こんな状況すらも楽しまなきゃ損!

練習でも目一杯叩きました




ギャラリーやサポーターが

曲に呼応して声をあげたり踊ったり

いい反応が返ってくる

こういうことを何度か繰り返しながら

会場へ近づき

自分たちも気持ちを高めていく




あっという間に会場についた

既に本番を終えた

別バンドのJapanese friendsが

顔を見にきてくれた

元気が出た

ありがとう

そしていざ本番のステージへ

遠くに見えていた客席が近づいてくると同時に

歓声が大きく聞こえてきて

興奮を抑えるのに必死でした



ステージにラックを並べる作業は

時間との戦い

ピリピリした張り詰めた空気の中

声を張り上げて指示を出す男達

迅速に動きフォーメーションを組むラック達

みんなそれぞれに本番前の緊張感を楽しんでいる

イントロが3カウントで入っていたのが

直前の練習で4+1カウントに変更になり

間違って入らないように

「Five!!!!」

と怒号が飛び交う



カウントが鳴り始めると

ザワザワした歓声の中でも

静寂に感じるぐらい心は穏やかに落ち着いていた

駆け抜けるようにあっという間に

時間が過ぎ気がつけば終わっていた

セミファイナルからは

決勝へ進めないバンドも出てくるので

悔いのない演奏を心がけた

サバンナに吹く風が清々しい

みんなで握手やハイタッチをして

労をねぎらい急いでラックを搬出

またヤードまでラックを押して帰った

賄いを食べて

少しライミングした後

結果発表を聞くために会場のサバンナへ戻った

最後のバンドの演奏が終わり

結果を報せるアナウンスに耳を傾ける

Desperadoesがエントリーしている

large bandは決勝に残れるのは

17バンド中10バンド

我々Desperadoesは3位タイでした

決勝に残れた安息感と嬉しさと1位じゃない悔しさ

いろんな感情が混ざり合う

また明日から練習あるのみ!

2016/01/24

トリニダード旅 13日目【The day before semi final】

セミファイナルの前日

ということもあり

今日はテナーパートの

セクションプラクティスがあるという

いわゆるパート練習ってやつです
いつもより4時間も早い

15時に集合との事でしたが

案の定トリニタイム全開で

15時に来たのは僕を含め4〜5名ほど

結局始まったのは16:30頃かな…





バンドメンバーの1人が入院したらしく

一昨日は赤

昨日は黒

今日は白の服で来なさいという

トリニダード国旗と同じ

カラーコードがあった

入院とこの色が何の繋がりがあるのか

どういう気持ちが込められてるのかは

さっぱり聞き取れなかった




こういった服も指定されてても

着てこない人は着てこない

トリニダディアンの緩さの部分




セクションプラクティスはなかなかハード

曲の頭から改めて

音の確認とリズムの確認

4時間近く練習した後

そのままバンド全体の練習へと

切り替わっていった

さすがに疲れた。。




休憩中

明日のセミファイナルの出演者の

メンバー発表があり

セクションリーダーのアンドレが

立ち位置と共に

メンバーの名前を読み上げる

ドキドキして

アンドレの声に耳を傾ける

しばらくして

「Jai Sakamoto」

と聞こえた

「Yes sir」

この返事の仕方で合ってるのかわからんけど

心の中でガッツポーズ

真面目にコツコツやってきた努力が報われた

それぐらいテナーパートの枠は倍率が高い

毎年来てる人達からすると

こんなことはなかったみたいで

これもアレンジャーにザンダさんが

就任したからかもしれない





今日日本からみかちゃんが到着して

Desperadoes Japaneseは4人になった!

練習後

デスパーズのレジェンド

ウーシェラさんが急に手を繋いできた

そのまま手を引きフードコートへ

ウーシェラさんのビジネス

ベイク&シャーク屋さんの売れ残りを

包んで一つくれた

「for me?」

ウーシェラさんは頷いた

やったー!!

僕の喜ぶリアクションが面白かったのか

彼女は大笑いしてた

とてもハッピーな気持ちだ




その後

アンドレがピラウとシチュードチキンを

差し入れてくれた

今日はやたらと食べ物にありつける

シチューの中に鶏肉とは別の肉が入っていた

何の肉か聞いたら

みんな口を揃えて同じことを言うけど

聞き取れない…

何回聞いてもジラフって聞こえる

え?

トリニダードではキリン食べるの!?

と思って驚いたけど

正解は砂肝(gizzard)でした…

こちらに来てから

こういう聞き違い、認識間違い

日常茶飯事です

トリニダード旅 12日目【Rainyday】

昨夜のドリル練習で

左腕がパンパン…



トリニダードで初めて給油をしました

お店によって微妙に違いますが

車を停めたらレジへ行き

店員さんにガソリンポンプの番号と

何$分入れたいかを伝えます

その分のお金を支払い

給油口へノズルを入れ

よくわからない取っ手みたいなやつを

上げると給油出来る状態になり

あとは規定量入れると勝手に止まる仕組み
トリニダード生活も10日以上経ち

わからないことがあれば

聞くことも出来るようになりました

給油の仕方もわかりませんでしたが

聞けば親切に教えてくれました

refuel(給油)って単語だけでも

覚えてて良かった=3

トリニダディアンは優しい

大概のことは聞けば助けてくれる




宿替えしてから

買い物が出来ていなかったので

ついでに買い物も済ませた

と言ってもお酒メイン

STAGはケース買い

家飲み用とお土産用に

アンゴスチュラのラムを購入


日清大好き人間としては

トリニダードのカップヌードルも気になります







夜の練習は

セミファイナルの日も近いので

ハードさを増してきました

曲を少しずつ進めては止めて

気になる箇所やセクションはドリル練習

それの繰り返しでした

セミファイナルも近いし

気合入ってるなぁ




最近break timeには

賄いが出始めました

今日はチキンサンド

食べていたら突然雨が…

みんな屋根の下へ避難

雨が少し落ち着いて練習再開‼︎‼︎

と思いきやメンバーが1人…2人…と

楽器を片付け始めた

あら?おしまい?

明後日セミファイナルですけど?

僕の心配をよそに

みんな帰って行った…




早く練習が終わったので

パンヤードの近くのVictoria spuareで

行われていたシングルパンバンドの

セミファイナルを覗きに行った





どのバンドもクオリティが高い

シングルパン独特の響きや

お祭り感、可愛さ

車輪付きの移動用のスタンド

どれを見てても面白い